2ndでチェックするのはパタゴニアとオールデン

こんにちは

木曜日あたりから喉が痛いなと思っていましたが
悪化しまして発熱でダウンしてました。

寒くなりましたから
皆さまも体調不良にはお気をつけくださいね(^-^)

 

 

前回 キャンプ用に暖かいアウターを
探しているっていうメルマガを書いていて

 

 

 

「パタゴニア」の古着は高いし、
特集されている雑誌も高くなっているよって
書きましたけど、

 

 

ちょうど、前回ご紹介した雑誌の
別の特集号が売れましたのでご紹介します!

こちら

****************************** ***********
2nd(セカンド)2018年8月号

【キーワード】オールデン
****************************** ************

モノレート

販売価格  ¥3,083  (内送料分257円)

 

仕入れ ブックオフにて400円

 

 

 

2ndのパタゴニア特集号が高くなっていますと
お伝えしてますが、

今回は革靴のオールデンというブランドです。

 

 

 

 

オールデンの特集号もAmazonレビューを
参考に見てみると

 

 

 

 

----------------------------

履き込んだオールデンには何とも言えない魅力があり ・・・

-----------------------------

知らない情報や写真がたくさん掲載されていました。
特にコードバンのレアカラーなどの
経年変化したオールデンはとても美しかったです

------------------------------ ---

 

 

 

はきこんでいても経年劣化していても
魅力的と思われる靴

愛好家が多そう

靴の情報を知りたい人がいる

これが高くても売れる理由なんですね。

 

 

 

それにしても
オールデンの靴 軽く10万越えですよΣ(・□・;)

 

 

こんな靴が買える人は
雑誌の値段がいくらであろうと気にならないでしょうね。

 

 

 

ファッションって流行り廃りが
あるじゃないですか。

だから、大半のファッション誌は
発売直後は売れていても

月日が経つと
あんまり高くならない傾向があるな
と感じています。

 

 

 

 

例えば、

「大人の冬服コーデ」

とか

「この冬最強のアウターはこれだ」

とか

「冬こそ楽しい女っぷりコーデ」

とか

ざっと見てきた雑誌の特集タイトルを
拾ってきたんですけど

こういう特集は発売された時が
「旬」なのですよね。

次の年にはもう流行りも変わっているし・・・
過去の流行を知りたいという人は
少ないと思いますから

こういう雑誌は
値段も需要も高くなりませんよね。

まれに高くなっているのは

ある芸能人が特集されているから
とか付録の存在が大きいかも・・・

 

 

 

 

だけど
ファッション誌でも

「ブランドに特化した号」は

先程のオールデンのようなことがありますから
ちゃんとチェックするようにしています。

 

 

 

歴史のあるブランドなんかは
ファンも多いですし、そのブランドヒストリーを
知ったうえでファッションを楽しみたい
と思っている層がいらっしゃるようですよ(^-^)

 

 

 

私自身はブランドの歴史とか、そういうの
まったく気にならないです。

服は機能さえ果たしていてくれたら良し!
ついでに痩せて見えればなお良し (#^^#)

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます!

 

 

 

ランキング参加中!
カテゴリー
最近の投稿